いつも私が言う通りに事が運ぶ

 いつも私が言う通りに事が運ぶ、 本日は本業の方がお休みなので通常のリンク作業の前にSEOレポートをお伝えします。光を求めて居る方なら既にご存知の方も多いでしょうが、私のメインサイトが1位から9位に落ちました。なぜ落ちたのか? これまでヤフーのアルゴリズムが重要視していた点を変更し、今回重要視する点が他のサイトと比較したときに劣るから落ちたわけですね。何か事件でもあった訳では無く自然な形で発生しているのです。

 ゆえに他のサイトと何か呟いているのサイトを比較したときに劣る点を改善すれば、自然と上位に入ってくると言う訳で、他のサイトとの比較をすれば改善点は見えてくる、と言う私の推測です。つまり答えはいつもそこにあるのにと言う事ですね。

早速ですが本題

 早速ですが本題です。小説‐俺がこの部屋に関してですが、まず今回のアップデートで特徴的なのがヤフカテ登録サイトです。最近はヤフカテ登録はそれほど重要視されていない、と言う話が主流でしたが今回に限っては重み付け(重要視度)が高くなったようです。

 その典型的なサイトがhttp://www.さん。こちらのサイトは他のサイトと比較して、様々な点で劣っていて、これまで10位いり回数は5回(09年5月以降のデータ)しか有りません。骨董品店では良くある事とは言えるのですが、今回8位に入ってきています。更にこちらのサイトの特徴としてヤフカテ登録分野が10ほどあります。つまり525000円ほど支払っている訳ですが、今回やっとヤフカテ登録の意味があり、真実のかけらが見えたと言えるでしょう。

絶対条件と言う

 ですがヤフカテ登録が絶対条件と言うわけではなく、1・2・3位のサイトはヤフカテ登録をしていません。これらのサイトの特徴は単語数が多い、単語の種類数が多い、サイトボリュームが多い。これらの点がどこに行かれた と言う私のサイトと比較したときの特徴です。

 また、最近良く言われることですがメタタグ、h1タグを各ページで変えているサイトの方が上位に入っているようです。身なりが悪い訳ではないと説明すれば分りやすいかも知れませんが、ですが3位のサイトだけはh1タグを63回も使いまわしています。つまり絶対的な条件ではない、と言えるでしょう一樹の傘に。改善する必要性はありますが、それ以上に重視すべき点があるというわけですね。

―――― Copyright-Japan web dwyt The-銀行融資‐ドアをノック-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章には全て著作権法が適用されます。

自称‐官能小説作家「助平なお」作「銀行融資‐ドアをノック」のイメージ画像