真実かどうか分かる

 それは本当の話だろうか、警部に聞けば真実かどうか分かるだろう。そう思って警部の顔を見ると、俺の視線の意味が解かったのだろう、警部の方から話を始めた。

「その話は本当だ。実はあの旅行から帰って来た人の殆どはその居場所がつかめていない。判っているのは十数名程度だ。それ以外の人は行方を眩ましている。つまり何かの事実を隠そうとしているわけだな。その事実とは、ゆかりさんの事件と同じような事をしているのだろう。

 だがその証拠となる遺体を、食べられると、俺達警察には手が出せない。わしもまさかこの広島でその事件が起きるとは思っていなかったから、起きる前にその手を打つ事をしていなかった。もっとも手を打とうと思ってもどうすれば良いのか、解からないがな。それとな、それを裏付けるデータを見つけた」

 そう言って彼は上着の懐から一枚の紙を出し俺に見せてくれた。その紙には細かく数字が並べてあり、俺が見ただけではその意味を理解するには少し時間がかかりそうだった。

 「大友よ、わしが説明してやるよ。良いか日本人が一年間に自殺する人数は約三万人。家出をする人数は約十万人。そして保護される人数は約十三万人。誤差があるのは家出の届出を家族がしていないからだ。そしてここからが重要だ。

届出をした中で自殺した人

最近気になる出来事

「私は、情報のものに関するあなたから先日あなたを送ったと聞き返しませんでした。 しかし、場合では、あなたは、私の意図を導入しながら、手紙を受け取りませんでした。 」←こんな言葉に踊らされるな!! 無料でホームページを作成する方法…防犯に関する情報や悪徳商法(MLMなど)の詐欺被害を警告するサイトです。

―――― Copyright-Japan web dwyt The-銀行融資‐ドアをノック-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章には全て著作権法が適用されます。

自称‐官能小説作家「助平なお」作「銀行融資‐ドアをノック」のイメージ画像