どうやって確認をすれば良い

 そうは言い出したがどうやって確認をすれば良いのか? そうだ、俺と犯人しか知らない事実が有る筈。となると……無人島。無人島の事を聞けば良いだろう。
「警部は三年前にここ広島に来られたと聞いていますが、その前には何処に居られたのでしょう」
「わしか。わしは福山の東警察署におった。偶然にも同じ東警察とは、わしには東に関係がある霊が取り憑いているのかもな」
「山下さんも確か三年ほど前に広島に来られたのですよね。どちらの方から来られたのでしょうか」

「俺か。俺は三年もまだ経たないけど、大阪の方からある事件を追ってこの広島に志願してきた」
「有る事件とは何でしょうか」
「無人島で起きた事件を調べていたんだ」

 警部がその言葉にさらに追及した
「何。無人島の事件だと。何故その事をお前が知っている」
「何故と言われても、その無人島で起こっていた事件、その時の首謀者が広島に潜んでいると解かったからここに来たんだ」

 その時警部の顔色が変わった。「お前だろ、俺達が隠している事を週刊誌に話したのは」

「ああ、そうだよ。俺も金がいるからな。それにそんな事実を隠そうとする方に無理がある。いいかあの時、無人島からは何十人も日本に帰って来たんだ。その人間が全て人の肉を食っていたらどうする気だ。中国地方いやその後、住居を変えて日本の何処に住んでいるのかも解からないんだ。そんな奴等をほっといてみろ、それこそ日本中が殺人事件の嵐だ」探偵 大阪に関する話題は出てこない…真実かどうか分かる

―――― Copyright-Japan web dwyt The-銀行融資‐ドアをノック-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章には全て著作権法が適用されます。

自称‐官能小説作家「助平なお」作「銀行融資‐ドアをノック」のイメージ画像