やたらべったりの女子事務員

 真冬直前のシーズンに月々に50000円程度(真面目に作れば月100,000円以上)の収益が出ている現実(想像)を考えると、せっかく書かれた文章が「もったいない」と言えますから、記事その物の上手な移管をおすすめします。

 現在、ある程度パワーのあるサイトで、そのサイト内容と今の000円-\の内容に不自然がなければ、そのサイトの一部として記事を利用するフォルダとして移動させることをおすすめします。これらの方法(理論)です。1、今ある記事のバックアップをとる。

 今ある記事を削除するが、正確に言えば次のような内容に書き換える。『○○/○○(任意のURL)に移動しました』と言った感じの無いように置き換える。2、数日後、元のURL(元々あった記事のアドレス)のキャッシュ内容をチェックして、新しくアップした記事に変わっていればOKです。

 新しい方に「○○/○○」と言うURL(つまりアドレス)に対して記事を作成(つまりバックアップしていた記事をアップ)します。もちろん新規に記事を増やしてもOKですし、もともと書いて居るアフィリ用のタグがそのまま生かせます。なおバリュードメインなどにも登録されることをお勧めします。

 上記の心変わりに移動する点に無理がある。よって現実性はかなり(ほとんど)ない。それよも「作詞、音楽」の個人授業でおを稼ぐ(つまり高額で)方が現実性を感じます。

 また「プロポーズ」する人を「結婚式」まで囲い込むという方法はokです。じょうずにやればかなり儲かります、と言うのも単価が高いし、ユーザーに「高い」という意識があるので。ただしそれなりの対応が必要になります。

 成人向けサイト以外は何とかなりそうな雰囲気がありますね。ただ、昔作ったサイトがなくなるのはもったいない事です。一種の「財産」とも言えますから、大事に管理してください。昔のサイト(今は、なくなったサイトを指す)の記事があられば捨てずに残してください。

―――― Copyright-Japan web dwyt The-銀行融資‐ドアをノック-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章には全て著作権法が適用されます。

自称‐官能小説作家「助平なお」作「銀行融資‐ドアをノック」のイメージ画像